美味しいお米の種類紹介

知って得する!?美味しいお米の種類

美味しい米にはたくさんの種類があります。有名どころで言うならばコシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれです。でもこれらの他にも美味しい米はたくさんあります。今回はそれを紹介していきましょう。あるお米専門のランキングでは北海道産のゆめぴりかが一位になっています。冷めても美味しく食べることができるところが人気の理由です。第二位のつや姫はあのコシヒカリを上回る人気で日本を代表とする米として注目を集めています。三位から五位は有名どころが入っていますが六位からは少しマニアックなお米となっています。六位は、はえぬきです。皆さんはコンビニでおにぎりを食べたことがありますよね。実はコンビニでも売られているおにぎりの米なんです。七位は九州では代表と言っても過言ではない程、愛されているヒノヒカリです。八位は、ななつぼしで米好きの間では北海道産で言うなら同じく北海道産のゆめぴりかよりも人気です。このように米にはたくさんの種類があります。自分のお気に入りの米を探してみるもいいかもしれないです。

コシヒカリ以外の美味しい米

美味しい米の種類の代表格は、コシヒカリです。作付け面積では30パーセントを超えて、全国でもっとも生産されている米です。粘り気があり、良い香りがすることから、とても人気があります。炊きたての白米で食べるなら、とても良い米です。一方で、少し固めに炊きたい方には、あまり向いていません。粘り気が強いことから、炒めたりするには向いていません。かつて、コシヒカリと人気を二分した米が、ササニシキ。病気に弱いことから、マイナーになってしまいましたが、コシヒカリとは対象的に粘り気が少なく、あっさりした味ですが、滑らかで食べやすい米です。冷たくなっても美味しく、お寿司などに向いていることから、こだわりのあるファンが多い米です。作付け面積2位を誇るのが、ひとめぼれです。耐寒性が強いので、寒冷地での生産が多いです。粘り気は、中程度で、食感の良い米です。コシヒカリに似ていますが、穏やか味で、様々な料理にあうのが特徴です。値段も安く、美味しい、米の万能選手です。

美味しいお米の種類

お米には食味試験があり採点する基準に6項目あります。「香り・外見・味・粘り・硬さ」が総合評価で美味しいお米の基準となっています。美味しいお米というとコシヒカリが思いうかびますね。コシヒカリ以外にも美味しいお米は沢山あります。食味試験で特Aを獲得しているお米の中から選ばれた10種を紹介します。1.北海道「ゆめぴりか」2.山形県「ゆめぴりか」3.新潟県「コシヒカリ」4.秋田県「あきたこまち」5.岩手県「ひとめぼれ」6.山形県「はえぬき」7.熊本県「ヒノヒカリ」8.北海道「ななつぼし」9.福岡県「元気つくし」10.熊本県「森のくまさん」などです。特Aを獲得しているブランド米が新潟、北海道、宮城、山形、福島などがおもな地域です。おすすめのお米10種類を紹介しましたが、まだ沢山の美味しいお米があるので探し見てください。