美味しくなるお米の研ぎ方

米の美味しい研ぎ方を覚えておこう!

美味しい米を炊き上げるには、米の種類や浸水時間のみならず、研ぎ方に関するポイントを押さえておくことが大切です。研ぎ始めは、米が水を浸水しやすい状態のため、カルキの臭いがする水道水ではなく、ミネラルウォーターなど美味しい水を使うのがおすすめです。水を加えたら、2~3回軽くかき混ぜてから、すぐに水を捨てるようにしましょう。研ぎ始めの水を捨てたら、よく水を切ってから米を研ぎます。精米技術が発達したこともあり、力を加えなくても、米のヌカが取れやすくなっています。米を研ぐ際に力を入れてしまうと、米粒が割れてしまい、炊き上がった時にべちゃっとしてしまう原因となりますので、やさしく力を入れ過ぎずに研ぐことを心掛けて下さい。水が完全に透明になるまで研ごうとすると、米の旨味成分まで損なわれてしまうこともあるため、少し水が濁る程度まで研げば十分です。

お米がふっくら美味しくなる研ぎ方

お米を炊くときにまず大切な第一歩は、上手な研ぎ方をマスターすることです。昔は米と米をすり合わせてゴシゴシと洗うのが基本でしたが、現在はそこまでしなくてもきれいに精米されているので大丈夫です。優しくかき混ぜるように、お水を入れてすすぎましょう。一番最初のポイントは、水を張った入れ物に一度にお米を入れ、最初の洗い水は素早く流すことです。一番初めの水は、ぬかが混じってとても濁っています。お米はすぐに吸水し始めるので、濁り水をお米にしみ込ませないためにもささっとすませましょう。二回目以降は適度なお水を入れて、三、四回洗います。白い濁りが無くなるまでと何度も洗い過ぎてしまうと、お米に傷が付きますし、うま味が逃げてしまいます。あまり洗い過ぎずに周りについている汚れを落とすくらいの考えで、ソフトタッチに洗米しましょう。大事に洗ったお米は、新鮮なお水を吸収してふっくら美味しいごはんに変身するでしょう。

米を美味しく食べるには研ぎ方がポイント

美味しい米を炊くには、研ぎ方が最大のポイントとなります。米を研ぐと言うと、研ぎ汁の色が透明になるまでしっかりと洗う事を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかしそれは一昔の米の研ぎ方となります。精米の技術が昔よりも進化して、今では米表面に付いているヌカがほとんどとれるようになっています。そのため米を研ぐ際には、米に付いたヌカを軽く落とす感じにするのがベストなのです。米を研ぐ際に水を入れますが、一回目は米に付いたホコリやゴミを落とすように素早くすすぐのがポイントです。米はすぐに水を吸収させるため、米を研ぐのは出来るだけ浄水器やミネラルウォーターを使用する方がいいでしょう。そして二回目は、米が隠れるくらいに水を浸し、軽くかき混ぜる程度にします。次にボウルの中にある米を手でかき混ぜていきますが、力を入れないようにしましょう。そして米の中に水を入れて水が汚れていないかを確認し、水を捨ててからもう一度水を入れます。これで水が透明になれば分量の水を入れて、炊飯器のスイッチを入れて炊きます。